自宅にも宅配ボックスを設置しよう

インターネットでの買い物はいつでもできて便利ですが、課題になるのは受け取りです。自宅に宅配ボックスがあれば自宅に居なくても荷物を受け取れ、利便性が上がります。

簡易型宅配ボックスと固定型宅配ボックスのそれぞれの特徴

簡易型は取り付け工事不要ですぐ使える

玄関スペースに大きな箱を置く状態になる簡易型は設置工事不要ですぐに使い始めることができます。ドアノブや柱などにワイヤーで固定し、ボックス自体にはダイヤル鍵をかけるタイプが多いです。不要な時は取り外してしまっておくことも可能です。

固定型は堅牢で濡れや汚れる心配が少ない

固定型の宅配ボックスは小さな倉庫を玄関前に設置する状態になります。床や壁に固定する形になるので盗難のリスクは下がります。大型で重いので設置は業者に頼む方が安全で確実です。自分で設置する場合は工具までしっかり揃えてから取り掛かります。

再配達防止になる

トラックの模型

宅配ボックスは家主が不在で荷物が受け取れない場合に代わりに入れる製品です。特にネットショッピングでは時間指定しないといつ届くかわかりません。宅配ボックスを設置することで再配達の手間が省けます。まずは宅配業者が宅配ボックスに商品を入れます。この時任意の暗証番号を設定し、書かれた伝票がポスト投函されます。家主は暗証番号を確認したら商品を開けて受け取ります。伝票に暗証番号が書かれていますが中にはないケースもあります。配達業者のミスの他にマンションに住んでいる場合は管理会社側で設定されている可能性があります。宅配ボックスは最初から設置されている物件も存在します。住んでいる物件にないなら個人で購入して設置することは可能です。ホームセンターやネットであるものを購入して置くだけでOKです。しかし、自分で簡易的に作ったものは盗難されるリスクもあります。その点を配慮して設置してください。

サイズや用途も様々

販売されている宅配ボックスにも様々なサイズがあります。まず、自分は普段どれくらいの大きさの荷物を受け取るかが鍵です。本や服など比較的小さめなら小さい80サイズを選びましょう。お米やペットボトルなら大きめの100サイズや120サイズが適しています。宅配ボックスはクール便で配達される生鮮食品や冷凍物は使用が禁止されているので気をつけましょう。設置場所をどこにするかもポイントです。もし新築の家であれば工務店に相談して場所を決めてもらえます。基本的には屋外設置になることが多いです。軒下なら衝撃に強い防滴仕様、屋外の場合は防雨仕様がおすすめです。宅配ボックスは普段は家にいない人やよくネットで商品を購入する人に便利なアイテムです。最初から設置されている物件もありますが、その分家賃は少々高めです。よほど必要でない場合は無理に選ぶ必要はありません。

広告募集中